千代田区 学習塾|小林国語教室
千代田区 学習塾|小林国語教室 小林国語教室|時間割 小林国語教室|ご入会手続き 小林国語教室|アクセス 小林国語教室|お問合せ

国語を「好きな教科」にするための総合的なクラスです。­
「好き」になるためには、「楽しむ」必要があります。そこで、「楽しむ」ためのポイントの 習得を目的としています。会話においても文章においても、相手の言いたいことを正確に受け取り、それに対して自分の想いをきちんと伝えることができたら気分がウキウキしてくると思います。さらには、その内容が機知に富んでいればなおさらです。そのために有効な方法=「型」を具体的に指導していきます。
 

 
1.小3国語講座(小学3年生以上対象)【授業は隔週になります】
国語の作文に対して好き嫌いが分かれてくる時期です。
苦手意識を持ってしまう前に、文章の読み書きポイントを習得してしまいましょう。
さらに、授業では「事実(客観)」と「気持ち(主観)」の違いをしっかり分けて考えられるようになることも目指します。
テキスト … 「日本のむかし話 8」(偕成社文庫)
 
2.小4国語講座(小学4年生以上対象)【授業は隔週になります】
文章を書くだけでなく、より高度な文章を読めるようになるために必要な「型」があります。それは「抽象」と「具体」の区別です。よく試験で「文章を読むのに時間がかかりすぎて問題を最後まで解けなかった…。」という声を聞きます。
しかし、この「抽象」と「具体」の区別ができるようになると、文章を読むスピードが上がるだけではなく、内容も正確に把握できるようになります。
この「型」を1年間かけてじっくりと習得します。
テキスト … 「春の数えかた」(新潮文庫) 「はじめて考えるときのように」(PHP文庫)
 
3.小5国語講座(小学5年生以上対象)【授業は隔週になります】
自分の意見を論理的に相手に伝えるための「型」を学習します。
そして、その「型」を実践するための練習として、授業では「ディベート」も行います。
この「型」は、説明型文章に使われるものですので、試験における得点アップにもつながります。
また、物語文の読み方も学習します。物語の場合は、事実を正確に把握することに加えて、登場人物の「気持ち」まで理解する必要があります。その「気持ち」の読み取り方を学習します。 
テキスト … 「風が強く吹いている」(新潮文庫) 「14歳の君へ」(毎日新聞社)  
 
4.小6国語講座(小学6年生以上対象)【授業は隔週になります】
論理的に話したり、文章を書いたりすることは非常に大切です。
しかし、論理的な話し方しかしない人は友達としていかがでしょうか?
相手を論理的に打ち負かしてやり込めるのではなく、お互いに楽しめるような心地よい関係を作る方が建設的な方法ですよね。そのために必要なこと。それは…、相手のニーズを知ること。そして、五感に訴えることです。
この2つの方法をしっかりと習得してもらう講座です。
テキスト … 「本日は、お日柄もよく」(徳間文庫) 公立中高一貫校入試問題
 
5.伝記講座(中学1年生以上対象)【授業は隔週になります】
課題として出す伝記を事前に読んできてもらい、その本の内容についてみんなで討論するクラスです。
孫子の兵法に次のような言葉があります。
「彼を知り己れを知れば、百戦して殆うからず。」
伝記に書かれた人物を学ぶことで、偉人の考え方を学ぶだけでなく、自分はどのような時に心が動かされるのか?いうことを客観的に観察することで、自分が何を欲しているのかに気付こう!という講座です。
テキスト … 年間12冊の伝記を読んでいただきます。
 
6.時事講座(中学2年生以上対象)【授業は隔週になります】
5.における孫子の兵法 「彼を知り己れを知れば、百戦して殆うからず。」の「彼」を知る講座です。
現在、世の中で起きている様々な出来事を学ぶことで、自分がこれから進むべき方向性を見つけてほしいとの想いからできた講座です。
1か月毎に1テーマを学んでいきます。事前に扱うテーマについて各自調べてきてもらい、それをベースに対話型の授業を行っていきます。
テキスト … 「世界を動かした21の演説」(英治出版) 
 
7.志学講座(中学3年生以上対象)〈100分授業〉 
論語に「吾十有五にして学に志す」という有名な言葉があります。
人は「志」があるからこそ、高いモチベーションを保ち努力を継続することができるものと考えております。
自分の将来を「できること」の中から選ぶことも良いですが、もう一歩踏み込んで「やりたいこと」に邁進してほしいと願っております。その中で「できること」に集中できたら素敵ですよね。
古典を中心にして自分自身・世の中のことについてじっくりと考えてもらいます。
 
 
 

基本クラスで学習した内容を、問題を解く時にどのように使うのかを学習するクラスです。
このように記載すると、多くの解法を覚えなければいけないのかと不安になるかも しれませんが、そのようなことはありません。「基本的な考え方さえ習得すれば、難関校の問題だって解けるんだ!」という実感を味わってください。

 
読解問題鎮圧講座【授業は隔週になります】
試験を受ける上で必要な「型」を効果的に使えるようになることを目標とします。
特に、記述型の問題を苦手とするお子さんが多いため、問題文から必要な要素を探し出し、それらをどのように文章にするのかという「型」を集中して学習していきます。
テキスト … 入試問題
 
 
作文力を向上させるためには、やはり実践が一番。そのため、授業はワーク中心になります。
ワークは2種類。1つは、授業中に出した課題を制限時間内に書いてもらい瞬発力を鍛えるもの。
もう1つは、宿題として出した課題をじっくりと自宅で書いてきてもらうもの。宿題については事前に提出してもらい添削をして、授業時にお渡しします。
授業では、公立中高一貫校の問題も題材にしますので、受験を考えているお子さんにもぴったりです。
 
1.作文基礎講座(小学3年生以上対象)【授業は隔週になります】
昨今のグローバル化、受験制度や学校教育の改革など、自分の考えや想いを伝える必要性がますます重要性を増してきました。
しかし、自分の想いを表す言葉を知らなければ、人に正確に伝えることができません。
そこで、この講座では絵本を使って、登場人物の気持ちに丁寧に寄り添い、それがどういうことなのか、それについて自分はどう感じたのか等を言葉に変えていくことを学びます。
テキスト … 年間12冊の絵本を読んでいただきます。
 
2.作文講座(小学5年生以上対象)【授業は隔週になります】
自分の考えや想いを伝えることができるのは相手がいるからです。
一方的に自分の意見を述べても共感してもうらことは難しいですよね。伝える前提として、相手のことを知る必要があります。
そこで、課題図書の要旨をまとめる力(要約力)に磨きをかけることで著者の伝えたいことをくみ取り、それを前提に自分自身の意見を述べる力を習得します。
テキスト … 年間12冊の本を読んでいただきます。
 
 
「なぜそうなるのか?」という疑問を大切にして学習するクラスです。
人は覚える内容を感情と結びつけることで深く暗記することができます。「なるほど~♪」という体験をすればするほど知識が身についていきます。さらには、記述問題を解いてもうらことでその知識を使える知恵にしていきます。
単なる暗記にとどまらない「考える社会」を楽しんでください。
 
 
1.地 理【授業は隔週になります】
資料を読み解くことなどを通して地理に大切な内容を複合的に学習していきます。
それぞれの土地で盛んな農業・工業を単に覚えるのではなく、その背景を理解することが大切です。世の中の経済の動きも視野に入れた指導をしていきます。
「なぜ?」の答えを授業で見つけていきましょう。
 
2.歴 史【授業は隔週になります】
テキストに加えてオリジナルの補助教材を使って学習していきます。
世の中が変化するには必ず「理由」があります。その「理由」をしっかりと理解することで、まずは歴史の流れを習得してください。
授業では、さらに歴史上の出来事を地理と結びつけて指導することで、視覚的にも知識の定着を図ります。
 
 
 
 
HOMEクラス案内時間割入会手続きアクセスお問合せNEWS読書案内メルマガ購読
千代田区 学習塾|小林国語教室
Copyright© Kobayashi Japanese learning laboratory Inc. All Rights Reserved.
   
pagetop